本美濃紙

重要無形文化財

製品紹介

美しさと風合いを醸す、和紙の真髄。

本美濃紙には、障子紙を主として、記録用紙、文化財保存修理用紙などの用途があります。障子紙のように陽に透かして鑑賞すると、紙の美しさがよく分かります。
本美濃紙の厚さ=0.09〜0.1mm、重量34g/1㎡

本美濃紙

本美濃紙

縦65.3cm×横96.8cm
那須楮100%使用の高級障子紙。上品な色合いと陽の光に透かしたときの優雅な地合いが特徴。

美濃判

美濃判

四方を裁断していない漉いたままの紙。自然な雰囲気があり、料紙などに利用されています。
28.2cm×40.3cm(9寸3分×1尺3寸3分)

和帳

和帳

縦28.2cm×横20.0cm
美濃判の寸法に裁断した紙を100枚綴じ合わせたもの。表紙も同質の紙を用いた上品な仕上がりです。

美濃判巻紙

美濃判巻紙

縦28.2cm×横1,934cm
※横40.3cm(9寸3分×1尺3寸3分)の48枚つぎ
美濃判の寸法に裁断した紙を48枚つぎ合わせて巻紙とした障子紙。茶室用障子紙として愛用されています。

ページ上部へ