美濃和紙の里会館
美濃紙って? お知らせ 企画展 かみがたり 紙すき体験 会館案内 交通
文字の大きさ 大 中 小

トップページ > 企画展 > 企画展 茨城県大子町 山岡草の和紙人形展 開催中!
トップページ > お知らせ > 企画展 茨城県大子町 山岡草の和紙人形展 開催中!

(更新日:2020/09/06)
企画展 茨城県大子町 山岡草の和紙人形展 開催中!

企画展 山岡草の和紙人形展

茨城県大子町

山岡草の和紙人形展

9月3日(木)~10月19日(月)

人形ポスター 人形見付け

美濃手すき和紙を支えている原料の一つが茨城県大子町で生産されている「大子那須楮」です。

その楮が育つ大子町の豊かな自然の中に身を置き、「にほんの日本の心、ひなびた美しさ、自然」を創作の源にーーとの信念から、自然を神のごとく崇拝し、野に遊びながら和紙人形作りに没頭。人形を常に自分の傍らに置いて我が子のごとく愛し続けた倭紙芸鄙美式人形宗家(やまとしげいひなびしきにんぎょうそうけ) 山岡 草氏の手による情緒あふれる和紙人形です。和紙の持つ温かさ、優しさ、力強さ、風合いの魅力を活かした唯一無二の世界をご鑑賞ください。

雄大な自然や特産品など大子町の魅力もご紹介しておりますので、併せてお楽しみください。

人形落ち葉 

わらべ山里歳時記

人形連獅子

連獅子

人形一寸法師 

一寸法師

人形楮

大子那須楮




作家紹介

山岡草(本名:山岡松太郎)

 

昭和05年 和歌山市に生まれる

昭和14年 紙の持つ不思議な魅力に興味を覚え、紙人形作りを始める

昭和40年 和歌山市内で11歳より習い始めた華道と人形を組み合わ

     せた斬新な個展を開催し、好評を博する

昭和45年 「和紙を使って、ひなびた美しさを残していきたい」と倭

     紙芸鄙美式人形宗家(やまとしげいひなびしきにんぎょう

     そうけ)として創作活動を始める

昭和54年 長い間の構想である作品の創作の場を求めて旅する途中

     で、夢に出てきた大子町山田の山家を発見、一人で移住

     し、作活動に没頭する

平成07年 多くの独創的な作品を残し、65歳で生涯を閉じる

     遺族が和紙人形類、フィルム等をはじめ、遺した作品の

     すべてを大子町へ寄贈

 




連絡先
所属:美濃和紙の里会館 TEL:0575-34-8111- 内線: