県指定文化財

お役立ちリンク

更新日 : 2014年02月18日

  • 印刷する

県指定重要文化財 祭礼軕

祭礼軕

名称   サイレイヤマ

員数     6輌

指定年月日 昭和51年3月10日

三輪車(ミワシャ) 殿町

 明治36年に岐阜市白木町から購入した。形式は名古屋型であるが他のと比較すると一段と小さい。からくり人形は、上段では謡曲三輪の一部にあわせて、白拍子風の端正な顔立ちの女性が舞う。袖を翻して胡蝶のごとく軽快で美しい舞である。下段では素襖姿の童子が坐して鼓を打っていたが、近年は鼓が無くなった。
購入後大金を投じて塗装しなおし、上屋の金箔が眩しいばかりである。

 

 

三輪車1 三輪車2

布袋車(ホテイシャ) 吉川町

  明治の中頃に市内魚屋町から購入したものである。明治3年の祭礼記録には魚屋町布袋車とあり、江戸時代からある である。この軕は他の4両とは異なり完全な2層型である。大きな布袋がどっかりと座し、首をゆっくり動かすのみである。屋根をつけたのは新しく、江戸時代には人形を置かず、上で踊りをしていた時期があると伝えられている。

 

布袋車1 布袋車2

浦島車(ウラシマシャ) 泉町

  屋台の柱に「天保13年名古屋車町」の墨書があり、作者は名古屋の竹田源吉である。 明治13年(1880)に泉町が巾下新道町から購入した。からくり人形は浦島太郎が浜で魚を釣るところを演じ、古典的な美しい顔であり、口を開けることができる。下段の唐子人形も優秀なものである。幕には大きな龍が刺繍されている。後幕は珍しく万葉仮名で祝いの言葉が刺繍されている。

 

浦島車1 浦島車2

靭車(ウツボシャ) 常盤町

   明治31年に名古屋富津町より購入したもので、市内では最大の である。人形は靭猿で上段に殿様、猿回し、猿の3体を置き、下段に太郎冠者と呼ばれる翁を据えている。猿は童子姿で金弊を手に踊っているが、突如として猿面に変化するカラクリが面白い。人形師は名古屋の隅田仁兵衛である。幕は緋、上端の見切幕は白地に蝙蝠が数匹刺繍されており美しい。江戸時代末期の作と推定される。

 

靭車1 靭車2

聖王車(セイオウシャ) 新町

 享和年間(1801〜1804)の箱書きのある人形が現存し、名古屋に多い形式で、舟山車に次ぐ古い軕である。上段に聖王、下段に唐子人形を置いている。聖王はわずかに首を動かすのみで、唐子が活発な身振りで踊る。唐子の顔立ちが愛らしく、こぼれるような愛嬌に魅力がある。装飾は至るところに花鳥や唐獅子の彫刻をはめ込み、幕には、龍の刺繍が施されている。明治23年に港町より購入したものである。

 

聖王車1 聖王車2

舟山車(フナヤマシャ) 相生町

  安永年間(1772~1781)に名古屋末広町から購入したもので数度の改造がされた。以前は黒船車といって全般に黒漆塗りの踊り であったという。現在の姿は明治の改装後のもので、名古屋の人形師玉庄作の武内宿祢と神宮皇后の操り人形を置き、幕は山本梅逸の下絵になる波濤図を刺繍したものである。謡曲、弓八幡の一部にあわせて武内宿祢が舞い、皇后がこれを見て楽しむという趣向である。船の形をした は珍しく姿が美しい。

 

舟山車1 舟山車2
このページに関するお問い合わせ先
担当課 教育委員会 人づくり文化課
電話 0575-35-2711
内線 

このページのトップへ

美濃市役所
〒501-3792 岐阜県美濃市 1350番地美濃市役所への交通アクセス
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始(12月29日から1月3日)を除く)
[電話番号] 0575-33-1122(代表)[FAX] 0575-35-2059