国保の制度について

お役立ちリンク

更新日 : 2016年04月01日

  • 印刷する

こんなときには届け出を

こんなときには届出が必要です。恐れいりますが市民生活課の窓口にお越しください。

次のようなときは、必ず14日以内に担当窓口に届け出をしてください。
届け出の際には身分証明書などの提示が必要になります。

 

国民健康保険への加入の手続きが遅れるとどうなるのでしょうか?
保険証が無いため、その間の医療費は全額自己負担となります。
また、国民健康保険税は、加入の届け出をした月からではなく、加入の資格を得た月から納めるので、加入資格を得た時点までさかのぼって保険税を納めなければならなくなります。

国民健康保険のやめる手続きが遅れるとどうなるのでしょうか?
うっかり手もとの保険証を使って医療を受けてしまった場合は国民健康保険が負担した医療費をあとで返していただきます。
他の健康保険に入ったときに国民健康保険税と他の健康保険の保険料と両方とも支払ってしまうことがあります。

 

こんなときに届け出に必要なもの

国保に加入するとき

ほかの市町村から転入してきたとき(職場の健康保険に加入していない場合) 印鑑、ほかの市区町村の転出証明書、

(1)個人番号カード
(2)個人番号通知カード と 写真付きの身元を確認する書類(運転免許証、旅券など)
(3)個人番号の入った住民票 と 写真付きの身元を確認する書類(運転免許証、旅券など)

 

※マインバー(個人番号)の記載が必要な手続きでは、本人確認(マイナンバーの確認と身元の確認)の実施が義務付けられています。

職場などの健康保険をやめたとき 印鑑、職場などの健康保険をやめた証明書、

(1)個人番号カード
(2)個人番号通知カード と 写真付きの身元を確認する書類(運転免許証、旅券など)
(3)個人番号の入った住民票 と 写真付きの身元を確認する書類(運転免許証、旅券など)

 

※マインバー(個人番号)の記載が必要な手続きでは、本人確認(マイナンバーの確認と身元の確認)の実施が義務付けられています。

職場の健康保険の被扶養者からはずれたとき 印鑑、被扶養者でない理由の証明書、

(1)個人番号カード
(2)個人番号通知カード と 写真付きの身元を確認する書類(運転免許証、旅券など)
(3)個人番号の入った住民票 と 写真付きの身元を確認する書類(運転免許証、旅券など)

 

※マインバー(個人番号)の記載が必要な手続きでは、本人確認(マイナンバーの確認と身元の確認)の実施が義務付けられています。

子どもが生まれたとき 印鑑、保険証、母子健康手帳、通帳等振り込み先のわかるもの、

(1)個人番号カード
(2)個人番号通知カード と 写真付きの身元を確認する書類(運転免許証、旅券など)
(3)個人番号の入った住民票 と 写真付きの身元を確認する書類(運転免許証、旅券など)

 

※マインバー(個人番号)の記載が必要な手続きでは、本人確認(マイナンバーの確認と身元の確認)の実施が義務付けられています。

生活保護を受けなくなったとき 印鑑、生活保護廃止決定通知書、

(1)個人番号カード
(2)個人番号通知カード と 写真付きの身元を確認する書類(運転免許証、旅券など)
(3)個人番号の入った住民票 と 写真付きの身元を確認する書類(運転免許証、旅券など)

 

※マインバー(個人番号)の記載が必要な手続きでは、本人確認(マイナンバーの確認と身元の確認)の実施が義務付けられています。

外国籍の人が加入するとき 在留カードまたは特別永住者証明書、パスポート

          

こんなときに届け出に必要なもの
国保をやめるとき ほかの市町村に転出するとき 印鑑、保険証、

(1)個人番号カード
(2)個人番号通知カード と 写真付きの身元を確認する書類(運転免許証、旅券など)
(3)個人番号の入った住民票 と 写真付きの身元を確認する書類(運転免許証、旅券など)

 

※マインバー(個人番号)の記載が必要な手続きでは、本人確認(マイナンバーの確認と身元の確認)の実施が義務付けられています。

職場などの健康保険に加入したとき 印鑑、保険証、職場の健康保険の保険証あるいは加入した証明書、

(1)個人番号カード
(2)個人番号通知カード と 写真付きの身元を確認する書類(運転免許証、旅券など)
(3)個人番号の入った住民票 と 写真付きの身元を確認する書類(運転免許証、旅券など)

 

※マインバー(個人番号)の記載が必要な手続きでは、本人確認(マイナンバーの確認と身元の確認)の実施が義務付けられています。

職場などの健康保険の被扶養者になったとき
国保被保険者が死亡した時 印鑑、保険証、通帳等振り込み先のわかるもの、

(1)個人番号カード
(2)個人番号通知カード と 写真付きの身元を確認する書類(運転免許証、旅券など)
(3)個人番号の入った住民票 と 写真付きの身元を確認する書類(運転免許証、旅券など)

 

※マインバー(個人番号)の記載が必要な手続きでは、本人確認(マイナンバーの確認と身元の確認)の実施が義務付けられています。

生活保護を受け始めたとき 印鑑、保険証、生活保護開始決定通知書
外国籍の人がやめるとき 保険証、在留カードまたは特別永住者証明書、パスポート

 

こんなときに届け出に必要なもの
その他

市内で住所が変わったとき 印鑑、保険証、

(1)個人番号カード
(2)個人番号通知カード と 写真付きの身元を確認する書類(運転免許証、旅券など)
(3)個人番号の入った住民票 と 写真付きの身元を確認する書類(運転免許証、旅券など)

 

※マインバー(個人番号)の記載が必要な手続きでは、本人確認(マイナンバーの確認と身元の確認)の実施が義務付けられています。

世帯主や氏名が変わったとき
世帯を分けたり一緒にしたりしたとき
修学のために市外へ転出するとき 印鑑、保険証、在学証明書または学生証
保険証をなくしたとき(あるいは汚れて使えなくなったとき) 印鑑、運転免許証やパスポートなどの身分を証明するもの、(使えなくなった保険証)、

(1)個人番号カード
(2)個人番号通知カード と 写真付きの身元を確認する書類(運転免許証、旅券など)
(3)個人番号の入った住民票 と 写真付きの身元を確認する書類(運転免許証、旅券など)

 

※マインバー(個人番号)の記載が必要な手続きでは、本人確認(マイナンバーの確認と身元の確認)の実施が義務付けられています。

このページに関するお問い合わせ先
担当課 市民生活課国保年金係
電話 0575-33-1122
内線 173~175

このページのトップへ

美濃市役所
〒501-3792 岐阜県美濃市 1350番地美濃市役所への交通アクセス
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始(12月29日から1月3日)を除く)
[電話番号] 0575-33-1122(代表)[FAX] 0575-35-2059