国保の給付について

お役立ちリンク

更新日 : 2017年08月29日

  • 印刷する

病気やケガをしたとき(療養の給付)

病気やケガをしたときに医療機関などへ保険証を提示することによって国民健康保険からの給付が行われます

療養の給付

医療機関や保険薬局で保険証などを提示して次のような医療を受けたとき、医療費の一部を自己負担するだけで、残りは「療養の給付」として国保が負担します。

 

年齢などによって自己負担割合(一部負担金)が異なります

義務教育就学前

2割

義務教育就学後70歳未満

3割

70歳以上75歳未満

昭和19年4月1日以前生まれの人 1

現役並み所得者

3割

昭和19年4月2日以降生まれの人 2

 

70歳から74歳までの人の自己負担割合は原則2割ですが、負担を軽減するために1割に凍結されてきました。これが平成26年度から段階的に2割に戻されます。

平成26年度から新たに70歳になる人から段階的に2割負担に戻し、平成31年度には70歳から74歳までの人全体が2割負担となるようにします。

交通事故にあったとき

交通事故など、第三者行為によってケガなどをした場合でも、届け出により国保で治療を受けることができます。ただし、この場合、治療費は国保が一時立て替え、あとで加害者に請求することになります。そのため、示談をして加害者から治療費を受け取ってしまうと国保が使えないこともありますので、示談の前にご連絡ください。

また、届け出の際に必要な申請書の様式が岐阜県国民健康保険団体連合会のホームページに載っておりますので、下記のリンク先でダウンロードすることができます。

リンク

このページに関するお問い合わせ先
担当課 市民生活課国保年金係
電話 0575-33-1122
内線 173~175

このページのトップへ

美濃市役所
〒501-3792 岐阜県美濃市 1350番地美濃市役所への交通アクセス
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始(12月29日から1月3日)を除く)
[電話番号] 0575-33-1122(代表)[FAX] 0575-35-2059