国指定文化財

お役立ちリンク

更新日 : 2008年11月18日

  • 印刷する

洲原神社ブッポウソウ繁殖地

洲原神社ブッポウソウ繁殖地

ブッポウソウの剥製

ブッポウソウの剥製

国指定
種別 天然記念物
名称 スハラジンジャブッポウソウハンショクチ
時代・員数 120ヘクタール 1ヵ所
指定年月日 昭和10年6月7日

洲原神社社叢はブッポウソウ繁殖地として国の天然記念物に指定されている。

 

ブッポウソウといえば、誰しもがかつて霊鳥といわれた「ブッポウソウ」と鳴く鳥を連想するが、これは声のブッポウソウと称されているコノハズクのことで、ここに飛来繁殖する鳥は鳴き声が全く異なる、姿の美しいブッポウソウといわれる鳥である。

 

ブッポウソウは夏鳥で毎年5月に飛来し、6月に巨木の洞穴に営巣産卵し抱卵して、7月に孵化、9月末頃にジャワ、スマトラなどの南方に飛び去っていく。体はハトよりやや大きく、頭部は黒褐色、背腹は青緑色、くちばしと脚が紅色、翼を広げると白い斑点のある美しい姿の鳥である。

 

かつてはこの鳥が「ブッポウソウ」と鳴くと教えられていたが、昭和10年NHKが愛知県鳳来山から泣き声を放送したことにより、コノハズクの鳴声とわかり、姿と声のブッポウソウが解明区別されたのであった。

 

コノハズクは夜行性であるが、このブッポウソウは昼間高い木の枝を飛びまわり昆虫を捕食する。指定当時は社叢に定着していたが、神社裏に国道が開通したために交通騒音が激しくなり、今は営巣も近くの鶴形山自然林に移り、社叢には飛び交う姿を見るのみとなったのも止むを得ないことであろう。

このページに関するお問い合わせ先
担当課 教育委員会 人づくり文化課
電話 0575-35-2711
内線 

このページのトップへ

美濃市役所
〒501-3792 岐阜県美濃市 1350番地美濃市役所への交通アクセス
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始(12月29日から1月3日)を除く)
[電話番号] 0575-33-1122(代表)[FAX] 0575-35-2059