ふるさと納税

お役立ちリンク

更新日 : 2018年08月17日

  • 印刷する

ふるさと納税制度のご案内

 美濃市への「ふるさと納税」についてのご案内です。

 「ふるさと納税」は、自分が生まれ育った「ふるさと」や好きな地域を応援したいという納税者の方の思いを実現するために導入された制度です。

 「ふるさと納税」によりご寄附をいただいた方(個人)は、寄附金が2,000円を超える金額について、個人住民税と所得税が軽減される税額控除を受けることができ、「ふるさと」や好きな地域に納税したと同じ効果になります。

 美濃市を「ふるさと」として、貢献したい、応援したいとお思いの皆様方に「ふるさと美濃応援団」となっていただき、美濃市への寄附金(ふるさと納税)をお寄せいただくことによって「ふるさと美濃」を応援していただきますようお願い申し上げます。

美濃市からのお礼

 「ふるさと美濃応援寄附」をお寄せいただいた皆様には、記念品を進呈します。また、20,000円以上の寄附をしていただいた方には、美濃市特産物からご希望の商品をお送りさせていただきます。 


  お礼の品についてはこちら 

ふるさと応援寄附の状況

「ふるさと美濃応援寄附」をお寄せいただいた方々や寄附の状況は「寄附者一覧のページ」をご覧ください。

 

  寄附者一覧のページ

「ふるさと納税」応援メニュー

自分が生まれ育った「ふるさと」や好きな地域を応援したいというご寄附いただいたの方の思いを実現するため、お寄せいただいた寄附金は、次のメニューの関連事業に活用させていただきます。(寄附をいただく際に7つのメニューからいずれか一つをご指定ください)
  
1 本美濃紙後継者育成のための事業(本美濃紙後継者育成基金)

      ―本美濃紙の後継者の育成、原材料や用具の確保など―

2 歴史や文化を後世に伝える事業
     ―うだつの町並み整備、歴史的景観の保存など―   
3 産業・観光を盛んにする事業
     ―あかりアート展、工業団地開発など―   
4 豊かな自然と環境を大切にする事業
     ―清流の環境保全、森林や里山の整備など―   
5 充実した教育を進める事業
     ―生涯学習、特色ある学校づくりなど―   
6 健康と福祉を進める事業
     ―市民の健康づくり、福祉サービスの充実など―  

7 美濃市政全般に関する事業

     ―美濃市のまちづくり全般―

 

  本ページ下の添付ファイルの案内もご参照ください

寄附の申込方法

 (1)寄附の申込み
 寄附のお申し込みは、本ページ下の添付ファイルの寄附届(PDF形式、WORD形式)をダウンロードして必要事項を記入していただき、郵送、Eメール、ファックスのいずれかの方法でお送りください。
 または、美濃市役所総合政策課へお電話(0575-33-1122)でお申し出いただければ、郵送させていただきます。

 ※インターネットを利用したクレジットカード払いの場合、寄附届を提出していただく必要はありません。

 
(2)寄附の方法
 ご希望する次の方法により、寄附金の払い込みをお願いします。

払い込み種類

払い込み方法

納付書

後日送付いたします納付書でお振込みをお願いいたします。

美濃市が指定する金融機関、郵便局・ゆうちょ銀行から手数料無しでご納付いただけます。

美濃市が指定している金融機関は、十六銀行、大垣共立銀行、岐阜信用金庫、関信用金庫、めぐみの農業協同組合です。

口座振込

後日送付いたします口座番号にお振込みをお願いいたします。

全国の金融機関からもお振込みいただけますが、振込手数料をご負担いただくことになりますのであらかじめご了承ください。

現金書留 美濃市総合政策課宛にお送りください。郵便料は、ご寄附いただく方のご負担となりますのであらかじめご了承ください。
現金持参 お手数ですが、あらかじめご持参いただきます日時を総合政策課へご連絡ください。
インターネットを利用したクレジットカード払い

クレジットカードによる寄附をご希望の方はこちらからお申込みください。

・(株)エフレジの「F-REGI(エフレジ)公金支払い」サイトを利用しています。

カード発行会社に関係なく、以下のマークが付いたクレジットカードはすべて利用いただけます。

JCBVISAmaster cardamexDiners
・クレジットカードによる寄附の支払いは1回払いのみとなります。
・寄附者ご本人のカードが必要です。
・寄附金の納付日はクレジットカード利用日です。
・寄附証明書(確定申告に必要)は美濃市への入金確認後となりますので、お手続きの日から1~2ヶ月の期間を要しますのであらかじめご了承ください。また、お礼の品の送付につきましても、入金確認後に事業者へ発送を依頼しますのでご了承ください。
・クレジットカードのご利用は、インターネットからの申し込みとなります。市役所、金融機関、ゆうちょ銀行、郵便局の窓口での支払いにはご利用できませんのでご注意ください。
・インターネット接続料金は、ご利用いただく方の負担となります。

 

(3)寄附金受領証明書の送付
 入金の確認後に「寄附金受領証明書」を送付させていただきます。

 この証明書は、所得税と個人住民税の軽減を受けるために確定申告の際に必要となりますので、大切に保管してください。

ふるさと納税制度のしくみについて

 所得税、住民税から控除を受けるためには、寄附をした翌年の3月15日までに、住所地等の所轄の税務署へ確定申告を行う必要があります。

 なお、申告の際には、寄附金受領証明書(市が発行する領収書)が必要となります。

「ふるさと納税」による税軽減のしくみ(イメージ)

しくみ図 

控除限度額のシュミレーションができるサイト

 控除額について、「ふるさと納税」(総務省)のサイトの寄附金控除額の計算(シュミレーション)より、シュミレーションができるエクセルデータがダウンロードできます

※シュミレーション結果はあくまで参考、目安としてご利用ください。

 

確定申告書の作成方法

 確定申告書の作成方法は「確定申告書等作成コーナー」(国税庁)が便利です。

 このコーナーでは、図面の案内に従って金額等を入力することにより、税額などが自動計算され、確定申告書を作成できますので、是非ご利用下さい。

 詳しくは、「確定申告特集」(国税庁)をご覧ください。

ワンストップ特例制度について

 ふるさと納税ワンストップ特例制度とは

 ふるさと納税による税の軽減を受けるためには、確定申告又は個人住民税の申告を行う必要がありますが、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用することで、確定申告等を行わなくても税の軽減を受けることができるようになりました。

 ふるさと納税ワンストップ特例の適用を受ける方は、所得税の軽減相当額を含めて、個人住民税からまとめて控除されます。(ふるさと納税を行った翌年の6月以降に支払う個人住民税が軽減されます。)

 ふるさと納税ワンストップ特例制度を利用するためには、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を美濃市に提出していただく必要があります。(提出がないと特例の適用を受けられません。)
なお、確定申告等を行ったり、6団体以上の地方公共団体に寄附を行うと、全ての寄附について特例の適用は受けられなくなりますのでご注意ください。

 

Q1.ふるさと納税ワンストップ特例を利用できる人は?

A1.以下の2つの条件をすべて満たしていることが必要です。

 

1.確定申告等を行う必要のない方

 確定申告を行わなければならない自営業者等の方や、給与所得者の方でも、医療費控除等で確定申告を行う方などは対象となりません。
 「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出していても、確定申告等をされた場合、ワンストップ特例の適用は受けられなくなります。申告をする場合は、寄附金に関する申告もお忘れのないようご注意ください。

 

2.ふるさと納税をされる自治体の数が5団体以下であると見込まれる方
 5団体以下の地方公共団体に寄附する予定で、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出していても、結果として6団体以上の地方公共団体に寄附をされた場合、全ての寄附について特例の適用は受けられなくなりますので、必ず確定申告等を行ってください。同じ地方公共団体に複数回寄附をしても1団体としてカウントします。

 

Q2.ふるさと納税ワンストップ特例の手続きは?

A2.「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を美濃市に提出していただく必要があります。


 美濃市へ寄附の申込をする際、「ワンストップ特例制度を利用するための申請書送付を要望する」とされた方には、寄附金受領証明書送付時に「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を同封しますので、必要事項を記入のうえ、署名、捺印をして美濃市へ返送してください。(FAX及び電子メールは不可)
送料は申請者負担となります。

提出期限:寄附をした翌年の1月10日

 

Q3.寄附をした後(特例申請書を提出した後)、氏名や住所変更などがあった場合は?

A3.提出済の特例申請書の内容に変更があった場合、寄附をした翌年の1月10日までに、美濃市へ変更届出書を提出してください。

 

番号確認・本人確認のための書類

平成2811日からマイナンバー制度の開始により、ワンストップ特例制度を利用される場合、【個人番号(マイナンバー)の記入】と【番号確認・本人確認の書類の写しの添付】が必要となります。

 

 

個人番号確認の書類

本人確認の書類

「個人番号カード」を持っている方

個人番号カードの裏のコピー

個人番号カードの表のコピー

「通知カード」を持っている方

通知カードのコピー

下記いずれかの身分証のコピー
 ・運転免許証
 ・運転経歴証明書
 ・旅券(パスポート)
 ・身体障害者手帳
 ・精神障害者保健福祉手帳
 ・療育手帳
 ・在留カード
 ・特別永住者証明書

※写真が表示され、氏名、生年月日または住所が確認できるようにコピーする。

「個人番号カード」「通知カード」

どちらも無い方

個人番号が記載された住民票のコピー

下記いずれかの身分証のコピー
 ・運転免許証
 ・運転経歴証明書
 ・旅券(パスポート)
 ・身体障害者手帳
 ・精神障害者保健福祉手帳
 ・療育手帳
 ・在留カード
 ・特別永住者証明書

※写真が表示され、氏名、生年月日または住所が確認できるようにコピーする。

上記のように、

・個人番号カードを持っている場合:「個人番号カードの表裏のコピー」

・通知カードを持っている場合:「通知カードのコピー」と「身分証のコピー」

・個人番号カードも通知カードもない場合:「個人番号が記載された住民票のコピー」と「身分証のコピー」

を申請書と一緒に郵送してください。

お礼の品 協力企業の募集

 美濃市では、ご寄附いただいた方へお礼の品を送付していただける協力企業などを募集しております。
 手続きや条件などの詳細は、『ふるさと納税「お礼の品」募集』をご確認ください。

 

  ふるさと納税「お礼の品」募集

お問い合わせ、申し込み先

  〒501-3792 岐阜県美濃市1350番地
 美濃市役所 総務部総合政策課
 TEL 0575-33-1122  FAX 0575-35-2059

  E-mail  sougouseisaku_220@city.mino.lg.jp

 

  

※ご注意ください vspace=1vspace=1

 美濃市ふるさと納税をかたった寄附の強要や詐欺行為など、不当な請求が予想されますのでご注意ください。

添付ファイル

リンク

このページに関するお問い合わせ先
担当課 総合政策課
電話 0575-33-1122
内線 341~345

このページのトップへ

美濃市役所
〒501-3792 岐阜県美濃市 1350番地美濃市役所への交通アクセス
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始(12月29日から1月3日)を除く)
[電話番号] 0575-33-1122(代表)[FAX] 0575-35-2059