平成29年7月

お役立ちリンク

更新日 : 2017年09月05日

  • 印刷する

7月29日(土)~8月4日(金)

7月29日(土)

 防災中央コミュニティセンターで、「美濃市・士幌町フレンドシップ交流事業」の歓迎レセプション及びホストファミリーとの対面式に出席しました。
 美濃市と北海道士幌町は、姉妹都市提携を結んでおり、小学6年生がお互いの市、町で体験活動やホームステイを行い、交流を深めています。今年度は、7月28日から31日までの間、士幌町の児童、先生方の61名にお越しいただいています。
 ホストファミリーの児童との対面のあと、市内の6年生の案内で、うだつの上がる町並みを見学しました。士幌町の皆さん、美濃のまちを満喫してください。

0729-1 0729-2

 極楽寺の藍見小学校グラウンドで開かれた、「藍見地区夏祭り」に来賓として出席しました。藍見地区夏祭り実行委員会が、地域住民が親睦を深め、住み良いふるさとをつくろうと今年で15回目の開催となります。
 ステージでは、藍見小学校の大正琴クラブの演奏や、地元出身者をメンバーに有するバンドのアコースティックライブなどが行われ、訪れた皆さんは、夏の夕べを楽しんでいました。

0729-3 0729-4

7月30日(日)

 イブニング夢トークとして大矢田・中切自治会の皆さんと懇談しました。
 若者の定住問題や働き場所の問題、最近全国で話題となっている地震や河川などの災害に関すること、市の予算に関することなど、市政に対するご意見などを頂戴する機会を得ました。市も皆さんと一緒になって、市民協働によるまちづくりを進めて参ります。
 こうしたイブニング夢トークなど市長と語る会などについては、ホームページ「市長の部屋」の美濃市への提案のページをご覧いただくか、総合政策課までお問い合わせください。

0730

7月31日(月)

 「美濃市・士幌町フレンドシップ交流事業」のお別れ会に出席しました。北海道士幌町の61名の皆さんには、3泊4日で美濃市に滞在していただきました。卒業証書に使う紙すき体験や士幌町では体験できない川遊びなど、充実した毎日を過ごしていただきました。
 今月16日からは美濃市の小学6年生113名が、士幌町を訪れます。

 

 市内中心部にある以安寺山の整備案について、森林文化アカデミーの学生の皆さんにプレゼンしていただきました。目的として、子どもが遊べる山、高齢者が気軽に登れる山、市民の憩いの場所となるよう整備していくため、美濃市の大きな家の中庭のような名所となるよう将来像を描いていただきました。
 今後5つのプランに絞り込んで市民投票を行い(9月に実施予定)、整備計画の素案を決定したいと思います。

8月1日(火)

 美濃橋周辺の長良川河畔で、第55回美濃市中日花火大会が開催されました。昨年、雨により開催できなかったこともあり、例年以上に多くの方にお楽しみいただけたのではないかと思います。
 大切な人へのメッセージとともにハート形の花火が打ち上げられる「メッセージ花火」やニコちゃん型の花火を数える「カウントダウン花火」といった参加型花火や、周りの山々に花火の打ち上げの反響音など、訪れた皆さんは目と耳でこの花火大会を楽しむことができたのではないでしょうか。

0801-1 0801-2

0801-3

8月2日(水)

 東京都 全国市長会館で開かれた「東海北陸自動車道建設促進同盟会・東海環状自動車道建設促進期成同盟会平成29年度合同定期総会」に出席しました。この2つの期成同盟会は岐阜県知事が会長を務めています。
 東海北陸自動車道の四車線化、東海環状自動車道西回り区間の整備につきまして、他市町村と協力し、早期に強力に促進して参ります。

8月4日(金)

 文化会館で行われた「美濃市・士幌町フレンドシップ交流事業」の訪問事業結団式に出席をしました。市内の小学生113人が、8月16日から3泊4日の予定で北海道士幌町を訪問し、ホームステイや農業体験などを行い、交流を深めます。
 結団式では5名の方から、目標や決意を発表していただきました。訪問団の皆さんには、素晴らしい出会いや経験、感動を見つけてきていただきたいと思います。

0804-1 0804-2

このページに関するお問い合わせ先
担当課 秘書課
電話 0575-33-1122
内線 311~312

このページのトップへ

美濃市役所
〒501-3792 岐阜県美濃市 1350番地美濃市役所への交通アクセス
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始(12月29日から1月3日)を除く)
[電話番号] 0575-33-1122(代表)[FAX] 0575-35-2059