その他市民生活に関する事項

お役立ちリンク

更新日 : 2021年12月20日

  • 印刷する

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)

 新型コロナワクチン接種を受けた方は、ワクチン接種の事実を公的に証明する「ワクチン接種証明書(海外用、国内用)」の交付を受けることができます。接種証明書には、「氏名・生年月日・接種記録(ワクチンの種類、接種年月日、ロット番号など)・パスポートの国籍及び旅券番号(海外用のみ)」が記載されます。証明書が必要な方は、下記の手順により取得してください。


 なお、新型コロナウイルスワクチンの接種は任意です。理由なく接種証明書の提示を求める行為は、ワクチンハラスメントにつながる可能性がありますので、十分ご注意ください。

 

⽇本国内⽤

⽇本国内での⽇常⽣活において接種証明を求められた場合に提⽰するものとして発⾏するものです。

 

※日本国内における接種事実の証明としては、予防接種済証等が、引き続き利用可能です。

海外⽤及び⽇本国内⽤

各国への⼊国時をはじめ、現地での飲⾷店・施設の利⽤時等や⽇本への⼊国・帰国時の防疫措置の緩和等のため、接種証明書の提⽰を求められた場合に提⽰するものとして発⾏するものです。⽇本国内にて、接種証明を求められた際に提⽰するものとしても有効です。なお、接種証明書を所持していないことによって、海外への渡航ができなくなるものではありません。
※海外用の接種証明書が使用可能な国・地域一覧は「外務省 海外安全ホームページ(外部サイト)」をご覧ください。

接種証明書の発行について(電子版)

令和3年12月20日より、二次元コード付き接種証明書(電子版)がスマートフォンの専用アプリで発行できます。取得した接種証明書は、アプリを起動することでいつでも表示することができ、他のスマートフォン等で表示された二次元コードを読み取ることで、内容を確認することができます。

 

※アプリからの発行方法等詳細については、「デジタル庁ホームページ」(外部サイト)をご覧ください。

電子版のご利用に必要なもの

 

※マイナンバーカードは、申請から交付の準備ができるまで約1か⽉かかります。まだお持ちでない方は、「マイナンバー(個人番号)制度」をご確認いただき、計画的に申請・お受け取りをお願いします。

接種証明書の発行について(紙媒体)

紙によるワクチン接種証明書については、引き続き、美濃市保健センターで申請いただけます。電子版の接種証明書と同様に、偽造防止の観点から証明書には二次元コードが掲載されます。

※日本国内における接種事実の証明としては、予防接種済証等が、引き続き利用可能です。

対象者

(1)原則、美濃市に住民票のある方で、予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、通常接種(市町村の発行した接種券を使用しての接種)等)を受けたこと

(2) 海外渡航の際に接種証明書を必要とされる⽅

 

次の方は交付対象外となります。

必要書類

申請方法

以下の宛先に必要書類を送付していただくか、美濃市保健センターまでご来庁ください。

 

〒501-3722 美濃市常盤町2423-1
 美濃市保健センター ワクチンパスポート担当

 

発行方法

申請を受け付けてから1週間から10日程度で郵送にて交付します。

即日での発行はいたしかねますのでご了承ください。

添付ファイル

このページに関するお問い合わせ先
担当課 保健センター
電話 0575-33-0550
内線 

このページのトップへ

美濃市役所
〒501-3792 岐阜県美濃市 1350番地美濃市役所への交通アクセス
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始(12月29日から1月3日)を除く)
[電話番号] 0575-33-1122(代表)[FAX] 0575-35-2059