まちかどスケッチ

お役立ちリンク

更新日 : 2022年01月18日

  • 印刷する

2022年1月14日 和紙の原料となるコウゾの寒ざらしが行われました

 美濃和紙の原料となるコウゾを川に浸す「寒ざらし」が、美濃市御手洗の板取川で行われました。
 この寒ざらしは、川の水にコウゾを浸すことで不純物を取り除きつつ、太陽光による自然漂白を促す良質な和紙を作るために必要な作業で、約40年前までは、板取川の各所で行われていたものです。現在は、職人の工房に設けられた水槽で行うのが一般的となっていますが、伝統的な作業工程を後世に残そうと、毎年この時期に本美濃紙保存会と美濃手すき和紙協同組合が共同で実施しています。
 気温0度、水温4度の寒さの中で実施されたこの日の作業には、紙すき職人や関係者など21人が参加。川の浅瀬に石などを積んで水量を調節した「さらし場」に、職人などが交代で入り、コウゾの皮6貫(約22.5キロ)を丁寧に水に浸しました。
 本美濃紙保存会の鈴木会長は、「この作業の時にはいつも、かつて保存会長であった古田行三氏の邸宅前で行われていた寒ざらしのきれいに並べられたコウゾを思い出す。この伝統が続くことに感謝し、これからも続けて守っていきたい。」と話しました。

 

 

寒ざらし
このページに関するお問い合わせ先
担当課 総合政策課
電話 0575-33-1122
内線 341~345

このページのトップへ

美濃市役所
〒501-3792 岐阜県美濃市 1350番地美濃市役所への交通アクセス
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始(12月29日から1月3日)を除く)
[電話番号] 0575-33-1122(代表)[FAX] 0575-35-2059