お役立ちリンク

更新日 : 2014年01月01日

  • 印刷する

美濃市について

美濃市の紹介のページです。

概要

 美濃市は、日本の中央に位置し、天下の名川長良川や緑濃い山々など豊かな自然と1300年の伝統を誇る「美濃和紙」、中心市街地には、江戸時代に築かれた伝統的な建造物が多く残り、歴史的景観が保たれるなど伝統文化が息づくまちです。
 市内には、美濃和紙の里会館や、江戸時代から明治・大正時代の歴史的建造物が建ち並ぶ「うだつの上がる町並み(国重要伝統的建造物群保存地区)」などがあり、年間を通じて多くの観光客が訪れています。また、毎年開催される美濃和紙あかりアート展は、「美濃和紙」と「うだつの上がる町並み」のコラボレーションとして、数多くの独創的なあかりの作品が展示され、幻想的な世界が醸し出されます。
 一方、東海北陸自動車道と東海環状自動車道の結節点として、市の玄関口である美濃インター周辺は、区画整理事業や大型店舗の進出で変貌しつつあります。このように、都市・生活基盤の整備や福祉・教育・文化などを積極的に行い、自然や人にやさしいスローライフをキーワードに、小さくてもキラリと光るオンリーワンの『住みたいまち 訪れたいまち 夢かなうまち』を目指し、市民協働のまちづくりを推進しています。

紙すき 美濃和紙あかりアート展

歴史

 1600年関ヶ原合戦の功により徳川家康からこの地を拝領した金森長近は、長良川畔に小倉山城を築城。1606年頃に現在の町割りが完成しました。また、長近は長良川に上有知湊(こうずちみなと)を開き、経済の発展を目指しました。金森長近没後の1615年に尾張藩領となりましたが、上有知湊は船運による物資集散の拠点として和紙を中心とした経済活動が進み、商業都市として繁栄しました。
 1911年4月1日、それまでの地名「上有知(こうずち)町」は、美濃紙にちなんで「美濃町」に改名しました。
 1954年4月1日、武儀郡美濃町、洲原村、下牧村、上牧村、大矢田村、藍見村、中有知村の1町6村が合併して美濃市が成立しました。

美濃IC前 川湊灯台
このページに関するお問い合わせ先
担当課 総合政策課
電話 0575-33-1122
内線 341~345

このページのトップへ

美濃市役所
〒501-3792 岐阜県美濃市 1350番地美濃市役所への交通アクセス
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始(12月29日から1月3日)を除く)
[電話番号] 0575-33-1122(代表)[FAX] 0575-35-2059